LOVE from Angels

nayuangel.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

姫路城1泊2日の旅~2日目

前夜雨が降っていて、朝はやんでいたのだけれど、迷いました。
予定では書写山 円教寺へ行きたいと思っていたんです。
映画「ラストサムライ」のロケ地だということで興味があって。
で、ホテルのインターネットで「円教寺 雨 ドロドロ」で検索してみたところ、
やはり雨の後はなかなか大変そうだったのでやめました。
めちゃくちゃ寒い朝だったし。

そんなわけで、ホテルで朝食をいただいた後、チェックアウトし、
また姫路城を見に行きました。
ちょっと見れればいいと思っていたんだけど、
近づけば近づくほど、もっと近くで見たくなって、結局橋のあたりまで行き、
戻りました。
好きなかんじのお城だわ。


そして、電車にのり、神戸異人館へ。
ライン館、オランダ館でオリジナル香水を作ってもらい、風見鶏の館、萌黄の館を見て、
新幹線で東京へ。

そういえば、前日の姫路城では、チケットを買って中に入り、まず天守閣へ行き、入り口に戻って西の丸を見て、名残惜しくてまた天守閣へ行き(このときは天守閣内部には入らなかったけど)、かなり満喫。
ツアーじゃこんなにゆっくりできなかっただろうから良かった。
姫路城が舞台の面白い小説なんかないかしら?
読みたいなぁ。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-21 21:54 |

姫路城1泊2日の旅~1日目

1月に姫路城に行ってきました。
春から改修作業に入ると聞き、白鷺城を見ておきたくて!

新幹線で姫路へ行き、駅の中にあるManeki Diningへ。姫路に行ったら食べてみたいとおもっていた姫路おでんも食べました。生姜が効いていて美味しかったです。

まず、荷物をおきにコンフォート姫路へ。
居心地良さそうなホテル。

歩いて姫路城へ。大きな道を歩きながら、姫路城が初めて目に飛び込んできたとき、
うわぁって思いました。
キレイ。。。

f0186467_2117215.jpg


近づくと

f0186467_21172572.jpg


これは百軒廊下の侍女の部屋からの一枚。
こんな風景を見ながら過ごしていたのでしょう。

f0186467_21222138.jpg


その後は好古園へ。姫路城とセットの券を買ったので行ってみました。
お庭が良く見える席でお茶をいただきたながらほっと一息。
いくつかの庭を見学し、

姫路城近くの「たまごや」で穴子と卵焼きのお弁当を購入し、
寒くなってきたのでホテルへ!

ホテルではフットピローを貸してもらい、
ぬくぬくのんびり。

夜、テレビで栗城史多さんという無酸素登頂をされている方のドキュメンタリーを見ました。
ビデオカメラを持って撮影しながら登っているそう。
実現したいことがあって、それに向かって進んでいる人はかっこいいね。

たまごやのごはんも美味しく、本を読んだりゆっくりできて快適。
充実した一日でした。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-21 21:40 |

きみの友だち

きみの友だち (新潮文庫)

重松 清 / 新潮社




友人が貸してくれた本。
だいたい通勤時に読んでいたんだけど、最後のほうは泣けて困った。
良い本でした。
ラストも良かったし!

貸してくれた友人と私の共通の友人が亡くなって、その知らせを彼女からもらったのだけど、
この本でも「死」が扱われていて、これを読んでいたからこそ、
死という事実だけではなく、亡くなった友人と出会えて同じ思い出があること、
楽しい時間を過ごしたことに目を向けることができました。

読ませてくれて本当にありがとう。
友達ってすてき。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-21 20:26 |

この地球を受け継ぐ者へ

この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録

石川 直樹 / 講談社




2000年4月、北極から南極までを人力で進む「Pole to Pole 2000(P2P)」というプロジェクトに参加された石川さん。アメリカ、フランス、南アフリカ、韓国、カナダ、アルゼンチンから集まった7人と約10ヶ月を過した日記。

当時石川さんはj-waveで取材を受けていて、私、たぶんそれ聞いてた。
後から振り返って書かれた文章じゃないから、臨場感があって面白かった。

石川さんは人間関係とかにイライラしない性質みたい。
それってすごい。
人の中にいても、山に一人で登っても自分自身でいられるって強い。
読んでる私にはすごい冒険!って思うけど、その中にいる人たちには旅であり、それが日常になっていたんだろうな。

旅に出たくなります。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-21 20:15 |

宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)

年末に宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)へ行きました。

雪を見ながら大きな露天風呂、、、なのですが、
お風呂に行くまでが寒い!
そして混浴のお風呂の先に女性のお風呂があるため、裸で走る若者(男性)とすれ違ったりで、
あまり落ち着かず。。。お風呂もぬるめでした。

食事は名物熊鍋が出たのですが、お風呂の近くで飼っているらしい熊を見た後だし、
なんとなく。。。味はビーフジャーキーのようでした。

そんなわけでまた行きたい!
私にとってはという宿ではありませんでした。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-21 19:48 |

奇跡の出会い?!

先日、たかのてるこさんのダライラマの本を読んだと書きましたが、
こないだの日曜日にジュレーラダックというところに所属されている女性に出会いました。

なんとラダックへのツアーとかホームステイなどもやっているそうです。

ラダックだよ!
たいていの人にとっては、何それ?どこ? じゃない?

すごい出会い!あ~、行ってみたい!
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-17 21:18 | おもうこと

ダライ・ラマに恋して

ダライ・ラマに恋して

たかの てるこ / 幻冬舎




面白かった~!
ラダックに行ってみたくなりました。
著者は現地の人たちと仲良くなって、いろんな話ができて、尊敬です。
きっと著者が心を開いて人と接することができる人だからなんだろうな。

ダライラマの笑顔、ユーモアたっぷりの優しいお人柄、大好きです。
彼の本も読んでみたいと思います。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-08 20:36 |

「気づき」の幸せ

「気づき」の幸せ

木村 藤子 / 小学館




日常の中にある様々な気づきに目を向けて
しっかりと毎日を生きていかないといけない。
神様は私たちのこと、ちゃんと見てるんだな。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-08 20:30 |

シンデレラ・ブレイン

シンデレラ・ブレイン――恋がかなう魔法のフェロモン

黒川 伊保子 / 講談社




うれしそうな、寡黙。
ポイントは息を吐く瞬間。
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-08 20:06 |

となり町戦争

となり町戦争

三崎 亜記 / 集英社




イキガミという漫画を思い出した。

行政による戦争ってなんなのか全然分からないけど、
無条件に受け入れてしまう市民もまずいね。

大手の銀行の預貯金。
どうやって使われているのか、ということが頭をよぎった。
知らないままにしてはいけないのだろう。
参考: http://www.geocities.jp/mirai_bank/
[PR]
by nayu_angel | 2010-02-08 20:03 |